神奈川県小田原市で「木の家」を建てるなら「男前な家づくり」

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://odawara.areablog.jp/otokomaenaie

片流れ屋根の換気はどこで取るか?




屋根の形状通気層はどこで取るか?

屋根の形状で通称「シェーの屋根」
と呼ばれるものがある。

赤塚不二夫先生の「おそ松くん」の
イヤミが行うポーズに似ていることから
この通称がついた。

本当かな〜?

でも、私の周りはこれで通じる。

要するに切妻の勾配を変えて
明り取りを取ったりするので
棟の位置がずれている形が似ているのだ。

私は好んでこの形を使う。

ただ、問題があって
外壁からの通気層を棟に持って行き
放出するのに
雨仕舞のことでいろいろ悩んだりする。

「招き」といって屋根を返したりして
棟をつくって、棟換気を取ることもあるが
下の屋根の空気を逃がさなければならない。

棟換気と同じ換気を使おうと思うのだが
これが実は雨漏りの原因になったりすることもある。

そこで今回は中で換気操作できるようにしてみた。

面倒くさいと思うかどうかは住んだ人によるだろう。

でも、こういった手作りの換気口は結構ある。



神奈川県小田原市の工務店やすら木空感工房「HIRO工務店の男前な家づくり」棟換気通気層
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://odawara.areablog.jp/blog/1000050509/p11168704c.html
神奈川県小田原市の工務店 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
木の家の秘密とは?
地盤改良工事はする必要があるのか?
地盤改良工事は必要なのか?
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
Hiroイメージ
著書「男前な家づくり」
神奈川県小田原市で工務店と設計事務所をしています。
大工棟梁として現場にも立っています。
やすら木空感工房 HIRO工務店 HIRO空間設計 代表 高橋博之が大工として著者として一人の人間として思うことを書き綴ります。
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 3 8416
コメント 0 3
お気に入り 0 1

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク

★携帯版小田原ブログ★
小田原ブログ(カラーコード版)
カラーコードTMからも「携帯版小田原ブログ」へアクセスできます!
カラーコードTMの利用方法はこちらから