kannsiのblog

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://odawara.areablog.jp/maybesee

証拠となる録画 原則的に違法ではない


自宅のリビングに隠しカメラを取り付け、自分が不在の時も録画をし続ける場合は、目的がDVやモラハラの事実を証明するためなら問題ないという。

「今や録音や録画の証拠がないと、学校も警察も対応してくれないと思った方がいい」と、強調するのは元警察官で現在は危機管理コンサルタントの佐々木保博さんだ。

「警察は常に人手不足なので、事件が起こる前に動いてくれることはまずありません。自分で証拠を持って行って初めて動いてくれます。いじめもしかり。学校側はいじめを認定したくないため、けがを見せても“階段で転んだのでは?”などと一蹴されがちです」(佐々木さん)

しかし、録音や録画があれば違う。証拠さえあれば、警察や学校は動かざるをえない。交通事故やあおり運転の被害、物損事故も同様で、車に取り付けたドライブレコーダーの記録がものをいう。

民事刑事を問わず、トラブルに巻き込まれた際に、問題解決のスタート地点に立つには、録音・録画が必須だと覚えておいてほしい。

隠し偽装カメラおすすめます。一般の機能ご紹介です。

動作検知録画機能付き、周囲の動きに反応して自動的に録画開始&停止をします。長時間の使用も可能になりました。四つの赤外線LEDライトを使用して、暗い部屋でさえ、動画や静止画をしっかり撮影できます。(赤外暗視機能を起動する時、肉眼ではライトを見ることができなくて、秘密に便利で証拠を獲得できます)


小型カメラ動画解像度1920×1080p1280×720P、映像フレームレート30fpsの高画質&高解像度で圧倒的にキレイな動画撮影を実現します。細部まで鮮明な映像撮影が可能です。暗所撮影中は、モノクロ(白黒)での撮影になります。寝かせつけた後の暗い部屋でもしっかり撮影できる超小型ビデオカメラです。(microSDカードは付いていません)
取り付け便利です。設置自由度の高い小型カメラです。片手で取り付け可能。360°回転カメラブラケット付き、服や家具などに固定すれば録画できます。ファイル高速転送対応していて、外部伝送機能付きでTVモニターなどへ簡単外部出力できます。本体とTVを接続すると映像を確認しながら撮影可能です。

最新の設計を採用しています。小型カメラ録画、静止画撮影、動体検知録画 、外部電源機能 、外部カメラ機能、赤外線ライト暗視機能、充電しながら録画、TV-OUT機能です。会議、商談記録、様々なビジネスシーン、介護、お店の監視、講義、事故、犯罪記録、防犯の分野で瞬時に映像を記録できます。

欲しいものがきっとみつかる 

kannsiへようこそ



隠しカメラ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://odawara.areablog.jp/blog/1000270180/p11781214c.html
隠しカメラ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
小型カメラ原発の原点「僕の帰る場所」
新モデル登場 腕時計型カメラ
監視カメラはいいですか
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
プロの探偵に対応した各種小型、隠しカメラと電波妨害器械専門店
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 9 140
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード

★携帯版小田原ブログ★
小田原ブログ(カラーコード版)
カラーコードTMからも「携帯版小田原ブログ」へアクセスできます!
カラーコードTMの利用方法はこちらから