果物と健康

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://odawara.areablog.jp/mprblonodap

ハリのある目元に導く美容成分

肌のハリが低下するのは、肌内部の真皮層にある「コラーゲン線維」や「エラスチン線維」が、変性したり減少したりすることによって起こります。


上まぶたや目の下、目尻などの目元は、顔の中でも特にハリが失われやすく、たるみが目立ちやすいパーツです。


目の周りは、顔の中でも皮膚が特に薄い上に皮脂腺も少なく乾燥しやすいなど、デリケートにできています。その一方で、目元の皮膚は、まばたきによって常に動いているため、目の周りはダメージにさらされやすく、これらの線維も衰えやすいため、ハリを失いやすいのです。


ハリのある肌へと導いてくれる美容成分としては、


■ビタミンC誘導体

ビタミンCには、コラーゲンの合成を促す作用や、コラーゲンを破壊する活性酸素を除去する抗酸化作用があります。ビタミンC誘導体は、このビタミンCを肌に吸収されやすい形に変えたものです。


■レチノール

ビタミンAの一種で、コラーゲンを生み出す「線維芽細胞」に働きかけてコラーゲンを増やしてくれます。


■ナイアシン

肌の代謝を活性化したり、コラーゲンの合成を促したりする作用や抗酸化作用があります。刺激が少ないため、肌の弱い人におすすめです。


■抗酸化成分

アスタキサンチン、コエンザイムQ10、カテキン、リコピン、レスベラトロール、油溶性甘草エキス、オウゴンエキスなどは、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。


症状や部位に応じるスキンケアの方法


目元
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://odawara.areablog.jp/blog/1000086061/p11715771c.html
美容 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
脱毛や薄毛を防ぐための生活環境とは
肌の悩みとケア
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
果物と健康との関係について
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 5 3854
コメント 0 4
お気に入り 0 1

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク

★携帯版小田原ブログ★
小田原ブログ(カラーコード版)
カラーコードTMからも「携帯版小田原ブログ」へアクセスできます!
カラーコードTMの利用方法はこちらから